川越市で行われている支援制度

川越市では、地球温暖化対策のために、家庭からの二酸化炭素排出量の削減に力を入れています。
たとえば、家庭から出すごみの量を削減することやリサイクル可能な商品を購入すること、さらに、エアコンなどの設定温度を下げることが挙げられます。
他にも力を入れているのが節電対策です。
その一つとして、川越市内の家庭で新築や新たなリフォームなどで太陽光発電システムを設置する際に、補助金を出す予算枠を設けています。
太陽光発電は、太陽からの熱エネルギーをシステムに受けることで発電をするため、資源を利用しないエコロジーな発電方法です。
しかし、そのシステムの設置にはまだまだ高額な費用がかかります。
そのため、設置費用の負担が大きく、その設置を取りやめる人もいます。
そこで、川越市が補助金を出すことにより設置費用の負担を軽減してその結果、システムを設置する家庭を増やすのが狙いです。
川越市では一年間に2000件以上の家庭が補助金を利用してシステムを設置しており、補助金の効果は絶大であるといえます。
また、川越市では本庁舎に太陽光発電システムを設置して、発生した電力量を公表しています。
これにより、住民の太陽光発電への関心を深めています。
さらに、川越市では小中学校をはじめとする公共施設の屋上や敷地にもシステムを設置して、その普及に努めています。
ここで発電した電力は、その施設での利用をすることで、電気代の節約にもなっています。
環境に優しい太陽光発電が川越市で導入されることで、空気状態も良くなり、住民が住みやすい街になるといえます。