所沢市で設置

被災時にも安心所沢市で太陽光発電

先日、テレビ番組を観ていたところ、
阪神淡路大震災後の様子と南海トラフで地震が起こった時の予想をもとに、
被災後にどのようなことが起こるかを紹介していました。
それによると食料や水が不足するのはもちろん、
多くの火力発電所なども被災し、
復旧するのに相当の時間がかかると予想されていました。
南海トラフというと所沢市から遠いような気がしますが、
紀州沖で地震が発生した場合、
首都圏でも無傷では済まないどころか大きな被害が起こると予想されています。
しかも、首都圏に電力を送っている火力発電所が止まることも考えれば、
震災後、電力が止まった首都圏でどう生き延びるかが重要になってきます。
そのようなことを考えれば、
太陽光発電を設置するということは強力な安全保障になるでしょう。
なんといっても自宅で発電することができるのです。
その安心感は相当のものだろうと思います。
中越地震や東日本の大震災でも、
線さえちゃんとつながっていればすぐに発電できたといいます。
そういえば近くのお宅でも太陽光発電を設置するということで、
1日前の道が通行止めになっていました。
太陽光発電を設置するのはいいことだけれど、
通行止めになるのは困ると思っていました。
そんなことはもう言っていられない気分です。
すぐにでもうちにも太陽光発電を設置したくなりました。
南海トラフで地震が起これば被災地は広範囲にわたります。
東日本大震災でも助けが来るのに何日もかかったのです。
自分たちで生き延びる方途をいまから考えておきたいと思います。